中川運輸トラベル たびログ

Home > トラベル情報 > かごしまの旅

かごしまの旅

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

2013年、今年もまたいろいろな情報をお届けするとともに、新たなスタッフも加わりましたので、
さらにパワーアップしていこうと思います!

昨年は惜しくも夏の大イベント、としま村・ボゼ祭りツアーが催行できませんでした。
原因は、 諏訪之瀬島の御岳の火山灰が港に積り、そこにフェリーが乗り上げたためです。
幸い、フェリーは無事で元気に運航しています。
今年も催行します。こちらの情報も乞うご期待を!
本年も引き続きご愛顧賜りますよう、スタッフ一同より心からお願い申し上げます。

さて私、書店で面白いものを見つけました。

雑誌を数点、ちらっと拝見したのですが(た、立ち読みじゃないですよ!汗)、
なんとまあ、女子旅・ひとり旅のHOW-TO特集の多いこと。

経済雑誌でも、消費マインドは今、女性が主権だと書かれておりました。
その傾向を裏付けるように各社が発表した旅行商品も、
女性の少人数グループ、またはおひとり旅が非常に増えております。
そこで私たちも、満足していただけるよう豊富な商品を取り揃え
女性の方に喜ばれる旅行プランの発掘などに力を入れているのであります。

しかしながら、どうした男性の皆様!!
確かに購買意欲は女性の方が強いと感じますし、経済力も十数年前からすると男性に負けず劣らずか、もしかすると女性の方が上をゆく場合もあるかもしれません。本当に女性は、元気です。景気復興のカギは、女性が握っているのではないでしょうか。
平日は仕事で疲れて、
休日は昼過ぎまで寝て、
夕方近くにやっと行動して、
明日に備えて早く寝よう。。。くぅ~、もったいない!!
この記事を読んで、ドキリ!とした貴方は要注意!


男性諸君!!
リフレッシュして頑張りましょう。毎日同じ天井を見つめて眠るより、たまには違う風景の中違う空気の中で眠るというのも、新鮮ですよ♪


1人でのんびり温泉に行く
釣りに出かけてみる
お酒が好きなら列車で地酒めぐりをする
数人でわいわいとスポーツ観戦する
カフェ、ラーメン、古本屋、寺社仏閣、歴史探索など、自分の趣味としているものを探し歩いて、マップをつけてみる。

。。。旅の楽しみ方なんて人それぞれ、いかがですか。

でも、宿泊と目的地だけ決めておいて、気ままに現地で交通手段を選ぶのは
少しばかり難易度が高いかと。
有名な観光地や大都会であれば、割とスムーズですが
地方の交通路線を甘く見るなかれ。。。涙
JRも1時間に1本あればいい方ですし、バスも最終便が15時!?
なんて、ごく当たり前だったりします。。。
不肖私は1度自家用車で、見知らぬ他人様のお宅に到着したことがあります。

県道から1つ道を間違え、Uターンできなくなり、行き止まりが1建家。。。
気ままな旅が、最悪なパターンに・・・・
このようなことにならないように!転ばぬ先の杖、下準備は必要かと
航空券、列車、バス、フェリー等の手配をお任せ下さい。ベストのご旅程を提案いたします。

添乗員や、数人の知らない人たちと一緒にバスで出かけるツアーだけが
旅行じゃないのですよ!!

個人に合ったプランづくりのお手伝いを致しますので、御気兼ねなく、お問い合わせください♪
それでは快適な旅行を!

十島村「ボゼ祭りツアー」 2012年 今年はさらにパワーアップ!!

「十島村ボゼ祭りツアー」お知らせ

今回のテーマ は、【欲張り多島巡りツアー】 !!

 『第一のコース♪ 口之島・悪石島 二島巡りツアー』

8月31日(金) 23:50 鹿児島港出航

9月1日(土) 6:05 口之島到着 ⇒ 口之島観光 ⇒ 狂言祭り〈第一部見学〉⇒ 【午後】狂言祭り〈第二部見学〉⇒ 天然記念物 口之島野生牛捜索?! ⇒ セランマ温泉 ⇒ 懇親会(島民との交流会)

9月2日(日) 8:30 高速船で悪石島へ移動 ⇒ 【午後】悪石島観光 ⇒ ボゼ祭り見学 ⇒ 湯泊温泉

9月3日(月) 9:30 悪石島出港 ⇒ フェリーとしまブリッジ見学 ⇒ 20:30鹿児島港到着

 『第二のコース♪ 宝島・小宝島・悪石島 三島巡りツアー』

8月31日(金) 23:50 鹿児島港出航

9月1日(土) 13:05 宝島到着 ⇒ 【午後】宝島観光 ⇒ 友の花温泉 ⇒ 懇親会

9月2日(日) 8:30  フェリーとしまで小宝島へ移動 ⇒小宝島観光 ⇒ 悪石島へ移動 ⇒ 【午後】悪石島観光 ⇒ ボゼ祭り見学 ⇒ 湯泊温泉

9月3日(月) 9:30 悪石島出港 ⇒ フェリーとしまブリッジ見学 ⇒ 20:30鹿児島港到着

今回は海賊キャプテンキッドが財宝を隠したと伝わる島 『宝島』と、レアな秘島?と言われる 『小宝島』をコースに入れてみました! また両コースどちらを選択致しましても、十島村七島全部に立ち寄る事になりますので、お見逃しなく!

※  料金・オプショナルツアー等随時UPしていきます。波の状況により、時間・行程を変更する場合がございます。

申し訳ありませんが、旅行代金は、今しばらくお待ちください。

日帰りで高千穂峡を目指す

鹿児島もようやく秋の気配ですね。台風が過ぎ去り、急に肌寒くなりました。

9/13月曜日、まだ日差しが痛いと感じるうちに、パワースポットとして、大人気の高千穂峡へと行ってまいりました。

鹿児島から高千穂峡まで行き、日帰りで帰って来られるのか?

そんな疑問を感じ、私がチャレンジしてまいりました。

結論!

日帰りは物足りない!!!

ということです。と言いますのも、高千穂峡周辺は観光スポットが数多く存在しますし、真名井の滝、天岩戸神社など見学時間を長くとらなくてはならず、そして何より鹿児島から遠いことですね。

中川運輸トラベルより一番近いインターが加治木インターです。加治木インターを朝の5:30(この時間は眠たい)に出発し、山江SAにて小休憩をはさみ、向かったのは熊本県の上益城にあります、通潤橋という水田に水を通すための橋です。

こちらは松橋インタ―より218号線をひたすらまっすぐに走る方法と、御船インターから445号を走ってくる方法の2種類あります。445号線からのルートも、途中218号に合流します。

朝の静けさといったら、しっとりと落ち着いていて見入ってしまいそうな景色でした。時間の関係上近づいてみることは出来ませんでしたが、また機会があれば橋からの放水の時間を狙って見に行きたいと思います。

本命の高千穂峡到着は10:15と良い時間に到着することが出来ました。

かの有名な真名井の滝をみて、さらにボート体験までしてきました。ボート体験というのは、真名井の滝を上から横から見るだけでなく、ぜひ触れてみようという心意気で、1500円で30分借りることができ、滝の真下から見上げることができます。
ただし川はとても細く、シーズンになるとボート同士がくっついて離れないくらい混雑になりますので、ぜひおしゃれをせずにずぶぬれ覚悟でお出かけしてください。

皆さんボートを漕ぐのに悪戦苦闘!それでも貴重な、楽しい体験ができました。

行ってみて、高千穂のパワースポットを実感できた1日となりました。

今度はゆっくりした旅をしてみたいとつくづく☆

2 / 512345
カテゴリー
リンク
  • 鹿児島県十島村
  • 鹿児島県三島村
  • NPO法人トカラインターフェイス
カレンダー
« 2017 年 6月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
スライドショー
注目キーワード

ページの先頭へ