中川運輸トラベル たびログ

Home > トラベル情報 > 旅のお土産帳

旅のお土産帳

旅先で買ったあんなモノこんなモノ‐神戸編‐

スタッフ旅行記!!

こんにちは!
前回に続きまして、本日は神戸で買ったあんなモノこんなモノをご紹介します。
5/4に京都から、5/5に神戸へと移動しました。
京都から神戸に向かう方法はいくつかあります。JRを利用して、乗り換えなしの最短方法と、
阪急電車(ミニ情報:映画阪急電車は、今津線が舞台です。)を利用して、
乗換えをこなすツウな方法など。
お荷物がたくさんになってしまった方は、JR京都駅から新快速に乗って行った方が、楽チンです。
三宮までおよそ52分で到着します。

さて、夕方に到着し、ホテルに荷物を預けたあと、さっそく街へ !
JR三ノ宮駅からJR元町駅の高架下に続く商店街、ピアザ元町。
おしゃれな街神戸で 、お買い物ははずせません!
400メートル続く駅間に約160ものお店が軒を連ね、掘り出し物がたくさんあります。
そこで購入しましたのが、こちらの靴(1995円!)↓

(写真1添付する)

洋服、かばん、靴、雑貨、珈琲店、そのほか色々とありました。
お買い物を十分楽しんだ後、夕食の時間になりましたので移動しました。

こちらはJR元町駅からさらに一駅先の、JR神戸駅から歩いて15分ほどにあります
ハーバーランドです。
こちらは複数のショッピングモールが連なっており、全て繋がっているため、
目移りしながら歩いて15分かかりました。(お買い物のあとでもやっぱり目移り♪)
神戸の夜景は100万ドルと言われていますが、実感しました・・・!

翌朝10時にホテルを出まして、 向かった先はJR三ノ宮駅からバスで10分の北野異人館。
英国館、フランス館など旧領事館や旧邸宅 がずっと続き、別世界でした。
オランダ館に立ち寄った際に、世界でヒトツだけのオリジナルの香水を作る体験があり、
チャレンジしてみました。それがこちら↓

旅先で買ったあんなモノこんなモノ・京都編

スタッフ旅行記!!
こんにちは
GWまっただ中、京都・神戸の関西2大観光都市へ行ってまいりました。
今回はのんびりとした旅行ができましたので(GWで混雑を予想していたので、意外でした)京都で買った、あんなモノこんなモノをご紹介いたします★

京都で真っ先に向かったのは、嵐山。
嵐山といえば桂川に架かる渡月橋(とげつきょう)や、世界文化遺産登録の天龍寺(てんりゅうじ)、そして縁結びの神様や芸能の神様が祀られている、野宮神社(ののみやじんじゃ)が
あります。
紅葉のシーズンだけではなく今の季節だってとても魅力的なんです。
この新緑薫る季節、お天気も良くてとても気持ちのいい一日でした言いたいところ、途中から大粒の雨が・・・。私は雨女だったことをすっかり忘れておりました!

雨宿りを兼ねて、嵐電という電車の駅で一休みです。この嵐電は、神奈川県鎌倉市の海沿いを走る江ノ電と姉妹提携を結んでおり、江ノ電同様、街中や家々の間を走り、親しまれています。

お気に入りお土産☆
桜柄、子猫のシールとしおりの三点を買いました。
早速、携帯電話デコレーションしてみました。
バラの形をしているのは、もともとは本のしおりとして売られていましたが、少しアレンジをしてストラップにしてみました。
(真夜中、ホテルで黙々と貼りました。夜なべした力作いかが
ですか★)

このほかにも手ぬぐいや、モダンな柄のコースター なども買いました。
京都に来ると、日本の工芸って本当に素敵だなと思います。

つぎは、嵐山でのB級グルメ?をご紹介します!

渡月橋を渡り、メインの通り沿いには数え切れないほどのお店があります。
お昼過ぎともあり、ほとんどのお店が30分から1時間待ちだったため、テイクアウト専門店を狙ってGO!
写真の食べ物、食べたことがありますか?
チーズ入りの練り物に湯葉を巻いて揚げたゆばちーず、少し甘めの嵯峨野コロッケ、ごま豆腐の黒みつと抹茶がかかった甘味とうふ、初体験の組み合わせでしたが、いけていました。

 

湯布院旅行♪

スタッフ旅行体験記

「湯布院の旅」 のどかな田園風景、シンボル由布岳、幻想的な金鱗湖、心地よい風にふかれて走るやまなみハイウェイ

ゴールデンウィーク、混雑覚悟で湯布院に行ってきました。
やはり、大混雑、車、人の多さに圧倒されそうになりながら、覚悟して、来たのだからと言い聞かせ
その群れの中に入って行きました。
湯布院の代表的観光スポットの金鱗湖は、湖底に湧く温泉のため水温が高く、湖面との温度差の
ため朝夕、霧が立ち込め幻想的な風景を見ることができます。
民芸村にも立ち寄ってみては、明治、大正、昭和の香り漂い、なつかしい日本を体験できます。
湯の坪街道には、こじゃれたショップがたくさんあり、ここで食べたロールケーキは、最高でした。
もし、時間に余裕があれば、「ゆふいんの森号」に乗って列車の旅もおすすめです。
ご宿泊は洗練された宿で、お料理、温泉とも最高です♪♪

ご予約は、お気軽に窓口スタッフにお申し付け下さい。
大満足のご旅行を提供いたします。

ミニ知識:ご紹介文の中で、地名は「湯布院」を使用いたしましたが、現在湯布院は、由布市になっ
ています。でも、インターチェンジは湯布院、駅名と温泉名は由布院です。由布院町が湯平村と合
併して、湯布院町となったようですから、地名としては由布院、由布の方が、むかしから使われてい
たようです。

写真は、金鱗湖と有名なお宿 亀の井別荘です。

カテゴリー
リンク
  • 鹿児島県十島村
  • 鹿児島県三島村
  • NPO法人トカラインターフェイス
カレンダー
« 2017 年 10月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
スライドショー
注目キーワード

ページの先頭へ