中川運輸トラベル たびログ

Home > トラベル情報 > 知覧ドライブ

知覧ドライブ

先日、友人2人を連れて知覧へドライブに行きました。 目的を「薩摩英国館」と「釜蓋神社」の2つに絞り、約7時間のドライブでした(かなりのんびりしてます)

薩摩英国館は、鹿児島とイギリスのかかわりあいや「お茶」をテーマとしたミュージアムで、ギフトショップや喫茶店も併設されています。 その日は、全員「イングリッシュカレー」を注文しました。1000円(チョット高額)です。 ホームページからの抜粋ですが、ここのカレーは、イギリス王室御用達のブランド“シェアウッド社”のカレーソース(由緒正しきカレーです)を使っているそうです。「柑橘系の酸味の効いた中辛のカレー…」とある通り、他の店で食べるものよりも酸味が強かったのが特徴的でしたが、あっさりしていて美味しかったです。

DSC_0086

その後は、さらに南下して釜蓋神社へ。薩摩英国館からは、車で30分ほど走ります。 釜の蓋を頭にのせて、鳥居から賽銭箱まで落とさずに歩くと願いが叶うと言わており、メディア等でよく取り上げられる話題のパワースポットです。 海風が強く、拝殿まで落とさずに歩き切れるか心配でしたが、見ず知らずの観光客からの悲鳴と声援を受けながら、3人とも無事にゴール出来ました。(願掛けに夢中で、神社の写真撮り忘れました。申し訳ありません) 天気が良かったので、開聞岳を望むことが出来ました。

DSC_0089

神社の周りを囲む海も、透明感があり、癒されました。

参拝の後は、再び「薩摩英国館」へ戻りました。そして、 以前から興味のあった、「アフタヌーンティー」を注文しました。上流階級の貴族になった気分が味わえます。

DSC_0090

上から数えて、1段目には、スコーン、クッキー、ケーキといった菓子類が、2段目には、1口サイズのサンドウィッチが並べられています。ポットサービスで紅茶もついてきます。普段利用するカフェに比べ、ここは紅茶が専門なので、紅茶の種類が豊富です。今回は、ローズティーを注文しました。

出てきた器たちは、忠隈 真理子さんがデザインしたヴィクトリアシリーズのスターたち。実は私の実家にも同じ作家の制作の器があるんですよ。でも、母が使うことを許してくれず、鑑賞用となっています。それだけ高価な食器なのでしょうね。なお、料金は、お1人様1600円です。

DSC_0091

薩摩英国館では、紅茶を始めとする「お茶ご膳」(5名以上要予約)や、イギリスらしさを感じる「ハリーポッターランチ」(4名以上要予約)など、他のレストランでは味わえないようなメニューが充実しています。武家屋敷の向かいにありますので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

  • 最終更新日:2013-12-19 (木) 10:59
カテゴリー
リンク
  • 鹿児島県十島村
  • 鹿児島県三島村
  • NPO法人トカラインターフェイス
カレンダー
« 2013 年 12月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
スライドショー
注目キーワード

ページの先頭へ